MBA進学者数の推移を見てみる

日本の米国MBA進学者数が減っている気がしたので調べました。

進学者数の推移を公開しているサイトがあったため、少し編集してグラフにしました。

M7進学者数と米国MBA進学者数の推移をグラフで見てみる

まずはM7(Harvard,Stanford,Wharton,Chicago,Kellogg,MIT,CBS)と米国MBA全体の進学者数をプロットしてみます。

 

やはり減少傾向が顕著ですね。

1999年の300人から100人以上減少しています。

何が影響しているのでしょうか?

大きく分けると以下の2つがあり得ますが、直観的には両方という印象です。

  1. 日本人応募者数が減少している
  2. 日本人応募者の合格率が低下している

日本人応募者数の減少は、米国MBAの授業料の上昇、日本の景気の良し悪し、労働人口の減少、米国MBA以外への進学などが影響しそうです。

合格率の低下は、新興国の台頭(応募者数、合格者数共に増加)、GMATの平均点上昇、日本のプレゼンスの低下などが影響しそうです。

ちなみに、GMATを運営するGMACは、世界のMBA受験のトレンドに関してレポートを出しています。

結構面白いです。

下は2年制MBAの応募書類数(≒応募者数)の推移です。

MBAの準備期間を考えると、周囲の環境の影響が1年程度遅れて出ると思うので、リーマンショック後に減少して、少し戻ったくらいみたいですね。

Change in Application Volume Trends Over Time

https://www.gmac.com/market-intelligence-and-research/research-library/admissions-and-application-trends/2017-application-trends-survey-report.aspx?fromsearch=1

また、米国と欧州とカナダのMBAへの海外からの応募者数をランクしています。

残念ながら日本はランク外みたいです。

中国とインドはさすがですね。

Countries Supplying Most International Applicants

https://www.gmac.com/market-intelligence-and-research/research-library/admissions-and-application-trends/2017-application-trends-survey-report.aspx?fromsearch=1

 

余談でした。

以下に簡単に数値が見つかったものをプロットしてみました。

日本の景気をプロットしてみる

景気と言っても一概に言えませんが、取り敢えず日経平均をプロットしてみました。

近い動きをしているように見えなくもないですね。

日経平均が落ちると、追うように米国MBA進学者数も落ちてます。

しかし、日経平均が上昇しても進学者数が上がってはいないようです。

(日経平均は日経平均プロフィルから抜粋)

労働人口の推移をプロットしてみる

続いて、25~34歳の労働人口をプロットしてみました。

こちらも結構近い動きをしています。

戯れにエクセルで簡易的に相関係数を確認したところ、0.789(1に近いほど相関)ありました。

(労働人口は政府の労働力調査の結果から20~35歳を抜粋)

米国MBA以外への進学者数(欧州MBA)を見てみる

欧州MBA進学者数を追加でプロットしてみました。

こちらも結構直接的に影響している感じがありますね。

相関係数は-0.775(-1に近いほど逆相関)です。

しかし、2000年前後の欧州MBA進学者数が0人というのは考えにくいですね・・・。

データを収集していなかったのかもしれません。

(データは冒頭で紹介したサイトから抜粋しています。)

一概に関係しているとは言えませんが、なかなか近い動きをする指標がありましたね。

直観的には、合格率も減少している印象があるので、筆者としては合格率の上昇によって、日本からの米国MBA進学者数が以前の水準に戻ることを祈るばかりです。

受験の全体像を知りたい方は以下のページをご覧ください。

MBA受験の全体像 一体全体MBA受験ってどんな感じ?

今回は以上です。

読んで頂き、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です